• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

< ランドセルのしゅぎょう >

2019年3月8日

< ランドセルのしゅぎょう >

本日、「編集手帳」を読んでいて子どもたちのランドセルの重さに思いが
至りました。
私がまだ教員だった頃、中学生の鞄の重さについて話題になっていました。
かっての神戸市では、小学校高学年・中学生を対象に側湾健診を実施していました。
特に女生徒に罹患率が高かったのですが、鞄の影響もあるのではないかと囁かれていました。
今回は、小学生からの提案のようです。
「ランドセルのしゅぎょう」は、仙台市の小学1年の女子の作文から引かれたようです。
<お母さんが「お米みたい」と笑います。ほんとうに、はかったら4.7キロあって
、お米とおなじでした。おもいランドセルはからだをつよくするしゅぎょうみたいで
す>。
文部科学省は昨秋、持ち物を減らす配慮を求める通知を出したようです。
「置き勉」が一つの策と言われているようです。
「軽やかにてくてく歩く子どもたちの通学風景は街を明るくする」と、あります。

そんな風景に戻れるよう、春の年度変わりを前に、職員・父兄で協議していい対策が
見つかるといいですね。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)