• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<「恐ろしい」台風10号>

2020年9月3日

<「恐ろしい」台風10号>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、「怖い」と「恐ろしい」の文言が目に飛び込んできました。

「怖い」と「恐ろしい」は、どちらも危険や不安を感じたときに口にしますね。だが本によれば、若
干の違いがあり、怖いは主観的、恐ろしいは客観的に用いるようです。

例えば、カエルが怖いーこれをカエルが恐ろしいと書いたとすれば、カエルをかわいいと思ったりす
る人から、あなたの主観ではないのかと苦情をいただくことになるのかもしれないですね。

危険や不安にすべての人がひとしく持つ感情が「恐ろしい」であるとすれば、きのうの気象庁の発表
が当てはまるのでしょうね。週末に列島に接近または上陸すると予測される台風10号です。

中心気圧は925ヘクト・パスカルに達し、高潮などで約5000人の死者を出した1959年の伊
勢湾台風(929ヘクト・パスカル)に匹敵するようです。大雨、暴風とも未曾有の猛威になる可能
性もあるらしいのです。気象庁は「週末前に備えを終わらせてほしい」と最大限の警戒を呼びかけて
います。予想進路上にお住まいの方はきょうあす、ゆっくりと過ごせないことでしょうね。

ようやく朝夕が秋らしくなってきたと思ったら、恐ろしいと警戒すべきものも交代しつつありますね。
熱署から息つく間もなく、台風シーズンに入りました」。と当コラムは結ばれていました。

次から次へと息つく間もなく押し寄せてくる感染症と災害。穏やかな人間性までも蝕まれていくような
気持ちになり悲しみが募ります。
あの伊勢湾台風は、私が10歳のときでした。修学旅行は伊勢方面でした。神社の大木があちこち折れ
ていて台風の凄まじさを子供心にも痛感して、今でも脳裏に残っています。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)