• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<うまく話せないときほど、・・・>

2019年11月21日

<うまく話せないときほど、言葉の近くにいる感じがする。>   最果(さいはて)タヒ

10月19日の鷲田清一先生の「折々のことば」を読んでいますと、言葉は「きみの生中継」の文言が眼に跳び込んできました。オチや起承転結をつけようなどと気配りせず、「うまく言えないことをうまく言えないまま、言葉にしてほしい」と詩人はいう。そして「面白くない事、意味のわからないことを、だらだらと話してしまう人を見ると、愛されて生きてきたんだなあ、と感動する」と。だらだらはささやかな幸福の肌ざわり。・・・と、ありました。  随筆集「きみのいい訳は最高の芸術」から  

読んでみて、なかなか面白いなあと思いました。
今、ラジオの収録をしているんですが、<あるがままでいいんだ!!>と、気持ちがとっても楽になりました。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)