• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<ニッポン無責任時代>

2019年3月13日

<ニッポン無責任時代>

上記のタイトルは、本日の「編集手帳」から引きました。
<無責任時代>と言いますと、・・・・・・
歴任校でA管理員さんが、私に向かって
<右よし、左よし、どうでもよし>と言いました。
以前に、国鉄でお勤めのようでした。その時のギャグだと思います。
私は、一瞬あっけにとられました。
<そんなもん、ありですか?!>私は、咄嗟にそう返しておりました。
ここ最近、神戸市が市の労働組合担当者が勤務先を離れているのにも関わらず、不当な給料を戴いていたとして、相当量の給料を全額返還させるということがありましたね。
久本市長は、亡霊がいると語られていましたが・・・。

植木等さんが、映画「ニッポン無責任時代」(1962年)で演じた役名は「平均」。
姓はたいら、名はひとし。
高度成長期まっただ中のサラリーマン喜劇。1億総中流時代を映すネーミングにちがい
ない。
この頃は「みんな同じで何より」とする空気が強かったのかもしれない。時節柄、元号
の区切りで考えたくなる。
親が付ける名前に変化が出たのは平成だろう。俗に言うキラキラネームである。山梨県
の高校3年生が目立ちすぎる名前に悩み、大学進学を前に家裁に申し立てた所、改名を
許されたという。」と、あります。
新しい名前は、赤池肇さん(18)
以前の名前は「赤池王子様」だった。

本人は「この名前で生きていくのが苦しかった」と話しているようです。
私も、知人から「名前は、姫です」と名乗られたことがあったり、私達の世代からは
考えられないような名前に接することが多々あります。
私などは、わが子に「まどか」とつけ、人格円満になってくれますようにと親の願い
を伝えたら、おばさん達から「良い名前ねえ~」と賞賛の声が返ってきていました。
確かに、平成は親がつける名前に変化が出てきていますね。

<真砂なす数なき星の其の中に吾に向かひて光る星あり>正岡子規
唯一無二の人生は、ダイアモンドのごとく自分を磨いてこそ、光り輝くのでしょうね。

カウンセリング 神戸市    カウンセリング恵(めぐみ)