• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<両手一杯の「ことば」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>27

2019年8月28日

<両手一杯の「言葉」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>27

<私の生き方のモデルだった日野原重明先生の世界>NO.2

* 愛すること

僕は幸い、周囲の人に恵まれ、たくさんの愛をいただいてきました。僕の生きる力、エネルギー源となるものです。<求めよ。さらば与えられん>という聖書の言葉の通り、僕が愛を求め続けてきた結果なのだと思います。愛することと愛されること、というのは、与える愛と与えられる愛、と言い換えることもできますね。

古今東西、人間にとって愛は大きなテーマです。では、<愛されるためにはどうしたらいいでしょうか>。イタリアの大歌手フィオレンッア・コッソットが、舞台に出るときの話です。今日この会場にいる全員に愛されるためには、まず私が今日ここにいる全員を心から愛さなければいけないのだと。異例ともいえる彼女の長いキャリアは、<彼女自身と聴衆との愛の交歓>によってなりたっていたのかもしれません。

医者として、クリスチャンとして、そして音楽や執筆などの活動を通じて、僕は<自分以外の誰かのためにできること>を考え続けて着ました。そのことが、結果として、僕を愛で満たしてくれたのではないかと思います。

<愛するということは、相手をそのまま受け入れて大切に思うこと>です。<誰かをありのままに愛したとき、自分のありのままの姿を愛おしく思える>と僕は思っています。

(次に続きます)

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)