• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<両手一杯の「ことば」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>41

2019年9月10日

<両手一杯の「ことば」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>41

<リーダーの資質伝わる西郷隆盛の世界>

* <いろいろむつかしい議論もありませうが、私が一身にかけて御引受(おひきう)けします。>

明治維新の指導者であり、常に人気の高い英雄、西郷隆盛。人望が厚く多くの人に慕われながら時代を動かした西郷隆盛は、日本人の理想のリーダー像として語られることも多くあります。

その類まれなるリーダーシップの要素は「肚(はら)」と「情け」でしょうか。

まず西郷は大きな<肚(はら)>を持っています。何があっても<泰然自若>としていて、細かいことは気にしません。部下の失敗も自分の肚におさめます。西郷は身体も大き買ったが、精神的にも大きかった。肚の据わった、器の大きい人です。そして<情>がありました。慈愛の心に溢れ、部下の思いは<情け>で受け止めました。

* <総じて人は己れに克つをもって成り、自らを愛するをもって敗るるぞ。>  「南州翁遺訓」

* <講学の道は敬天愛人(けいてんあいじん)を目的とし、身を修するに克己を以て終始せよ。> 「南州遺訓」

* <天の道を行う者は、天下こぞってそしっても屈しない。その名を天下こぞってほめてもおごらない。>

天の道理(正しいとされる道)に従う人は、世間の人が一人残らず悪く言ったとしても負けることはない。一人残らずほめたたえたとしても思いあがることはないという意味ですね。

西郷隆盛は、常に人からの評価ではなく、正しい道のために行動すべきと考えていました。

カウンセリング 神戸市    カウンセリング恵(めぐみ)