• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<両手一杯の「ことば」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>43

2019年9月12日

<両手一杯の「ことば」セラピーと心の松明(たいまつ)・羅針盤>43

<不思議に私を魅了してやまない新渡戸稲造の世界>

* <武士道精神は損得勘定をとらない。むしろ足らざることを誇りとする。>

* <自分が生まれてきたときより死に至るまで、周囲の人が少しなりともよくなれば、それで生まれた甲斐があるというものだ。>

* <勇気が 人の精神に宿っている姿は、 沈着、すなわち 心の落ち着きとして あらわれる。>

* <逆境にある人は常に 「もう少しだ」と思って進むとよい。 いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。>

* <違いを認め合い、受け入れられる広い心をもつことが大切。>

上記の言葉の出典である著書<武士道>は、日本の精神を海外に伝えるものとして英文で書かれました。一つひとつの言葉に重みがあって随分と背中を押されているような気分になります。

新渡戸稲造は農学者で教育者。札幌農学校を卒業後、アメリカ・ドイツに留学しました。京大教授であり、また国際連盟の事務局次長を務め、日本の文化を海外に広め、国際理解と世界平和のために活動しました。1984~2004年に発行されていた五千円紙幣に肖像が使われました。カナダで病没。英文の<武士道>ほか<修養><農業本論>などを著す。(1862~1933)

 

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)