• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<仲よき事は美しき哉>

2020年10月31日

<仲よき事は美しき哉>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、武者小路実篤の文言が目に飛び込んできました。武者小路さんと言いますと、上記の
<仲よきことは美しき哉>の文言に初めて出会った中学生時代から大変感銘を受け、その文言に出会う度、心身に沁み入ったこ
と。大先輩の知人が大学時代に武者小路さん宅を訪れ、「人間の天分」の研究を生涯の課題とされたこと。私自身、最近再度
出遭った武者小路さんの文言で「この道より我を生かす道なし、この道をゆく」・・・。自分の人生を回想しながら、これで良
かったんだと思わず安堵のため息をついたこと等があり、大変興味深く読ませていただきました。

武者小路実篤の野菜の書画はおなじみでしょうね。カボチャの絵が多く、<仲よき事は美しき哉>などと温かみのあることばが
添えてあります。

お人柄をユーモラスに伝える逸話が残っています。ある人が家を訪ねるとカボチャを写生していて、書き損じの紙が散乱してい
ました。「もらっていいですか」と聞きますと、「これはにせものだ、本物をあげる」と武者小路さん。待っていたら、新聞紙
にカボチャを包んで持って来たらしいのです。(戸板康二「新ちょっといい話」文春文庫)

当世、カボチャといえば、お化けの顔を浮かべたハロウィーンでしょうね。コロナ禍のなか東京には緊張感を持って、きょうを
迎えた街があります。

仮装した若者が密集することを危惧し、「来ないでください」と異例の訴えをしたのは渋谷区長です。例年の人出や逮捕者も出
た大騒ぎを思えば、区長の声が届くかどうかは蓋を開けてみなければわからないところでしょうね。まして今年は、夜を徹して
遊ぶには絶好のサタデーナイト

紙面にカラーで載っていたお化けカボチャの絵を見たとき、ふと武者小路さんのことばを思い出しました。どうか美しく、仲よ
しを楽しんで」。と当コラムは結ばれていました。

昨日、病院に定期の診察に行った折も、ハロウィーンの飾り物があり、季節感を感じていました。当コラムの武者小路さんの逸
話には心がほっこりしました。

カウンセリング 神戸市    カウンセリング恵(めぐみ)