• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<小柴は物理はだめだ。・・・>

2020年11月14日

<小柴は物理はだめだ。・・・>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、94歳で亡くなった小柴昌俊さんの記事に触れ、オヤッと思いつつ読み進んでいきました。

物理の教科に落第点をつけられました。寮の風呂に入っていますと、担当の教師が学生に話す声が聞こえてきました。<小柴は
物理はだめだ。大学ではインド哲学かドイツ文学に進むのではないか>

悔しさをバネに物理学の道に進んだ人が好んでした思い出話です。地球など星々にも遮られず宇宙を飛ぶ素粒子ニュートリノの
観測に世界で初めて成功し、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが94歳で亡くなりました。

地中深くに築かれた大水槽、その壁を無数の光センサーが埋め尽くすーー受賞当時を振り返れば、型破りの観測装置「カミオカ
ンデ」に驚かれた人は多いことでしょう。

同じ物理学の先哲で随筆家でもあった寺田寅彦の一文を思い出します。「科学者は自然を恋人としなければなりません。自然は
恋人にのみ真心を打ち明けます」(「科学者とあたま」)。カミオカンデはいわば、小柴さんが情熱を込めて書いた宇宙へのラ
ブレターでしょうね。

基礎科学の面白さを子供たちに伝えようと、講演や実験教室にも快く足を運びました。そこからは科学に恋い焦がれ、お風呂に
入るたびに励まされる研究者の卵が生まれたにちがいない」。と当コラムは結ばれていました。

最終章を読んでいて、小学校時代の級友のことに思いをはせていました。級友は京都大学の理学部物理学科に進学しました。ひ
ょっとして、小柴昌俊さんの影響かもと。・・・。寺田寅彦さんの言葉は、やはり凄いですね。「科学者は自然を恋人としなけ
ればならない。自然は恋人にのみ真心を打ち明ける」・・・。近代西洋文明は、次から次へと自然を征服して、生態系まで破壊
してきました。寺田寅彦さんの警鐘は私たちの心に沁み入ります。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)