• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<懐手(ふところで)・・・>

2019年6月28日

<懐手(ふところで)・・・>

本日、コラム「編集手帳」を読んでいますと、<懐手>おやッ<夏目漱石>も、と、興味をそそりました。

<和服>のこと、と<夏目漱石>については、私の一番の関心事といってもよいほどなんです。<和服>については、母の得意の和裁の術を継承できなかったこと、<和服>の着映えがした美人の叔母のこと、・・・。<夏目漱石>については、私のウイキぺディアの記事を読んだ放送関係者の知人から<夏目漱石の小説のよう!!!>と云われ、その<意外性>に腰を抜かし、それ以後、夏目漱石のファンになったことです。

<夏目漱石>については、<我執の克服>そして、最終的には<則天去私>の考えに至ったことについて私は、大いに敬服しています。

<懐手(ふところで)>とは、和服を着たとき、手を袖から出さず懐に隠す姿をいうようです。昔はこの着崩しが、いいご身分に見えることがあったらしいのです。

<夏目漱石>に逸話が残っているそうです。あるとき家に泥棒が入り、衣服をごっそり盗まれ増した。やがて賊が捕まったと言って、警察署から2人の男が来ました。懐手をするほうを刑事と思い、おじぎをしたところ、そっちが賊だったらしいのです。

吉本興業のタレントが反社会勢力の会合で<闇営業>し、金銭を受け取ったと日々報道去れています。<懐手>は、着物の下で縄で縛られていたためですが服装や態度でどんな人か分からないのは今も昔も同じでしょうか???ひょっとして、芸人さんの闇は深いものでしょうか???

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)