• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<抱き合わせ販売「機動戦士ガンダム」>

2020年9月16日

<抱き合わせ販売「機動戦士ガンダム」>

本日、「天声人語」を読んでいますと、抱き合わせ販売「機動戦士ガンダム」の文言が目に飛び込んできました。
咄嗟に菅政権発足のことに違いないと脳裏に過ぎりました。

抱き合わせ販売が成り立つのは、我慢して買う人がいるからです。過去の例でいうと、人気だった「機動戦士ガンダム」の
プラモデルを売ってもらう条件として、他の売れないおもちゃも買うように言われたという話があります。

1980年代のガンダムブームの頃で、つけこまれてしまった子もいたようです。きょうで終わる安倍政権を振り返ると、
こちらも抱き合わせ販売を狙っていたに違いないですね。みなが求める景気対策と、自分がずっとやりたかった憲法改正の
セットです。

結果として作戦は失敗しましたが、どうやら別の嫌なものを押しつけられたようです。それは改憲のように形があるわけで
はなく「倫理の喪失」とでも言うべきものですね。森友問題一つとっても深刻です。

思い出してみましょう。安倍氏が「私や妻が関係していれば、首相も国会議員も辞めます」と言った直後に、財務省による
公文書改ざんが始まりました。発覚すると「贈収賄では全くない」と述べ、刑法に触れなければ問題ないと言わんばかりに
なりました。加計も桜も、人々が飽きるのを待つかのような対応でしたね。

景気対策に限れば、安倍政権は満点には遠いが及第点だったと筆者は考えます。「衣食足りて礼節を知る」と言われる通り、
経済の安定は重要ですね。問題は、「衣食が足りるなら、礼節はないがしろにして構わない」という政権の姿勢です。

それでも支持は離れないだろうとおごり、世論とはそんなものだと高をくくります。安倍政権の姿勢を、菅政権は継承する
のだろうか」。と当コラムは結ばれていました。

安倍一強政治のおごりは、目に余るものがありました。立憲民主党の新党は力をつけて是非立ち向かって、民主主義の「倫
理の喪失」を許さないようにして戴きたいものです。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)