• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<芒種(ぼうしゅ)・・・>

2019年6月7日

<芒種(ぼうしゅ)・・・>

本日、コラム「編集手帳」を読んでいますと、二十四節気の<芒種(ぼうしゅ)>が目に跳び込んできました。<確か、昨日が芒種だったのでは??>と、思いながら読み進んでいきました。

米や麦の穂先には針状の突起があります。昔の人はこれを<ノギ>と呼んだらしいのです。禾=ノギヘンのノギですね。二十四節気の<芒種>もかかわりが深いらしいのです。芒もノギと読むようです。つまりノギのある穀物の種をまくのが芒種の気ですね。

きのうの読売朝刊(東京版)に奇しくもノギが二つ並ぶ<租税>関係の記事がのっていたそうなんです。

カレーチェーン最大手「CoCo壱番屋」創業者、宗次徳ニ氏(70)が役員を務める会社が約20億円の申告漏れを指摘去れたらしいのです。宗次さんは児童養護施設に預けられた身から苦労して育ったうえ、篤志家としても知られるようです。

<クラシックは人を優しくする>。そう言って早くに経営から身を引き音楽家を支援する会社を設立されたようです。その会社で音楽家に貸し出すバイオリンの名器ストラディバリウスを購入し、経費計上したところ、国税局から誤りを指摘されたらしいのです。

宗次さんが手がけるのは、優しい人がたくさん育つよう種をまく事業ですね。傷つくのは惜しいですね。<ノギに頬をなでられたように、ちょっとチクッとした>と、コラムには結ばれて居ました。

<言い得て妙!!>と、思いました。<しかし、人間のすることなので、時には失敗もありですね>。<大きな許容心で、私たちも善行の種まきをしてまいりましょう。>

 

カウンセリング 神戸市  カウンセリング恵(めぐみ)