• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<豪奢品>

2021年6月6日

<豪奢品>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、コロナ禍の3回目の緊急事態宣言で東京都が「高級ブランド」は<豪奢品>なので休業
に協力してほしいと要請した旨の記事があり、私もいろいろと考えさせられました。

「1989年の消費税導入まで、ぜいたく品に課せられた物品税は線引きが悩ましかったのです。「コーヒーと紅茶」「ゴルフ
用具とテニス用具」「扇風機と電気こたつ」。いずれも前者は課税、後者が非課税です。

奇妙な区分ですね。ぜいたくの感覚は時とともに移ろい、豊かになれば価値観も多様化していきます。何が奢侈(しゃし)かと
論争が絶えなかったのは当然で、一律に線を引くのは難しいですね。

コロナ禍の3回目の緊急事態宣言でも、生活必需品とぜいたく品の区分で混乱がありました。東京都が「高級ブランド」は<豪
奢品>なので休業に協力してほしい」と百貨店に要請したためだそうです。

豪奢品が何か問われても戸惑いは大きいでしょうね。百貨店は頭を痛めながら受け入れましたが、「高級品の線引きは、お客様
の心の中にある」とぼやきました。今月に入り平日の販売は戻ったものの、都が無理を頼むにしては丁寧さを欠き、後味の悪さ
が残りました。

そもそも豪奢とは古めかしいですね。文豪の書で探しますと、「侏儒の言葉」(芥川龍之介)に、「クレオパトラは豪奢と神秘
とに充ち満ちたエジプトの最後の女王ではないか?」とあります。並のぜいたくではなさそうです」。と当コラムは結ばれてい
ました。

最終章の「クレオパトラは豪奢と神秘とに充ち満ちたエジプトの最後の女王ではないか?」は殺し文句ではないかと笑えてきま
した。「都が無理を頼むにしては丁寧さを欠き、後味の悪さが残りました」のご指摘の通り、ここ最近は都や政府関係者の礼節
のなさ・責任感のなさには、ほとほと嫌気がさしてきます。

カウンセリング 神戸市      カウンセリング恵(めぐみ)