• オープンしたきっかけ
  • コンセプト
  • カウンセリングの流れ
  • 料金について
  • カウンセラーの紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

<過ぎ去りし平成・・・>part2

2019年3月17日

<過ぎ去りし平成・・・>part2

3月5日の続きを書きます。

40歳で赴任したM中での零れ話があります。
管理員さんが校庭にスイートピーの花をたくさん咲かせていました。
そこにミツバチがやってきて花から花へと移動していました。
休み時間に、そのミツバチを茶目っ気たっぷりの男子生徒が見つけて取り、理科の授業に糸をつけて教室中を飛ばしていたようでした。
後日談でその生徒から一部始終を聞かされました。
表向きはしっかりと注意しましたが、
内心では最近失われつつある本然の子どもらしさに触れ、ホッとした一面もありました。
M中でも、子どもたちと一緒に各行事に参加し、一緒に愉しみました。
校外学習の描画会でも、一緒になって絵を描きました。
私は油絵を習っていたこともあって、デッサンの段階で生徒達から<先生、う
まいナァ!>と賞賛の声が上がり、生徒達とともにうねりになって愉しみまし
た。
また、野外活動では、自転車に乗ろうとした女生徒に小さな虫が寄ってきたた
め、私が取ろうとすると<先生、男前やなあ!!>と言われながら愉しみまし
た。
保護者の方たちともうまくいっていて、私のお姉さんたちのような感じで、<
先生には、うちの子はよくしゃべるのですね。私には一切喋りません>etc.
言われたり、手づくりのお菓子をよく戴きました。
そんなこんなで生徒達と保護者とは、随分と楽しんできたのですが、廊下でタバ
コを吸う生徒たちが無性に気になり、今度は小学校に赴任して低学年から無償の
愛で接したいと思うようになり、小学校への転勤を希望しました。

(次回に続きます)

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)