counseling-m のすべての投稿

<靴下手袋大嫌い・・・>

2021年1月26日

<靴下手袋大嫌い俺猫だから>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、俳人の前田吐実男さんの上記の俳句が目に留まりました。

「俳人の前田吐実男さんは猫の暮らしを観察して過ごしたらしいのです。寒い日でも外を平気で裸で歩く冬猫の姿でしょうか、
次の一句があります。<靴下手袋大嫌い俺猫だから>

服を着て人に連れられている犬はたまに見かけますが、猫は防寒具を嫌がる動物であるらしいのです。その理由はなぜかと人
間に考えさせない独立した凛々しさが、この自由で気ままな小動物にはあります。

猫の家畜化の始まりは中東付近で約9500年前に遡るとされます。マタタビを与えますと、なぜ喜ぶのでしょうか。こちら
の疑問も長らく人間が遠巻きに「猫だから」で済ませてきた生態でしょうね。

世界史的なこの謎を解明したのが岩手大などの研究班です。マタタビの葉が蚊を遠ざける成分を含むことを発見し、猫が葉に
体をこすりつけるのは蚊よけの行動であることを確認しました。蚊の媒介するウイルスから身を守るため、進化の過程で獲得
した本能だということです。

マタタビに反応している間、猫の脳内に幸福な気分が増す神経伝達物資が出ていることも分かりました。そう聞くと時節柄、
転げ回って喜ぶ姿が感染症に「打ち勝った証し」のように思えてきます。うらやましい」。と当コラムは結ばれていました。

マタタビの葉が蚊を遠ざける成分があり、猫が葉にこすりつけるのは蚊よけの行動とは。ウイルスから身を守るための進化
の過程とは。驚きでした。コロナに打ち勝つための進化の過程とは???

カウンセリング 神戸市    カウンセリング恵(めぐみ)

<黙阿弥オペラ>

2021年1月19日

<黙阿弥オペラ>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、安野光雅さんの記事が載っていました。困り事さえ創作の楽しみに変えた素敵な
安野光雅さん。94歳の人生を閉じられました。

安野光雅さんは炭鉱で働き兵役、教員を経て画家になりました。「絵のある自伝」(文芸春秋)に、空想家の安野さんら
しい逸話があります。

小学校の教員時代、子供たちと実験をしました。アリを校舎の2階から落としたら死ぬだろうか?どこに落ちたか、わから
なくなりました。殺虫剤の粉と砂糖を混ぜると、アリはどうするのでしょうか。砂糖だけを持っていきました。子供たちは
歓声をあげました。

安野さんが94歳で亡くなりました。絵本や風景画はもちろん、ユーモアの上に情の流れる随筆・・・先の教え子のような気
持ちにさせてもらったファンは多いでしょうね。

画家仲間に評判の悪い友人がいました。劇作家井上ひさしさんです。遅筆で台本ができないうちにポスターを描くはめにな
るからです。安野さんはしかしそれを楽しみました。想像力を巡らす喜びがあると。「黙阿弥オペラ」という劇のポスター
にはちょんまげ姿の井上さんの似顔絵らしきものが描かれており、故郷の島根県津和野町の美術館で秘密めいた冗談に触れ
ることができます。

困り事さえ創作の楽しみに変えた人でしょうね。そんな安野さんには残した数々の絵、文章のなかでいつでも会えます。

小学校教員時代の素敵なエピソード。想像力の極致のイメージです。確か、河合隼雄先生のご本の表紙絵にもなっていたよ
うな記憶があります。家に帰って探して見たいと思いました。

カウンセリング 神戸市    カウンセリング恵(めぐみ)

<手締(め)>

2020年12月29日

<手締(め)>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、<手締(め)>の国語辞典からの説明があり、興味津々で読破しました。

編者の思い入れが深いゆえかもしれません。「新明解国語辞典」(三省堂)に、他の辞書と比べようもないほど丁寧に説明して
いる語があります。

全文を写します。<手締(め)>物事の決着や成功を祝って、関係者一同が掛け声に合わせてする拍手。シャンシャンシャン、
シャンシャンシャン、シャンシャンシャン、シャンと聞こえるように調子を取ります(第8版)。10回もシャンを連ねています

「お手を拝借、ヨーッ」という掛け声とともに始めるものであります。ただこの年末は忘年会の自粛が求められ、一度も調子を
取らないまま仕事納めを迎えた方が大勢でしょうね。

シャンシャンと2回分を切り取りますと、かわいいパンダの名になりますが、物事が順調に終わるさまもそう言います。感染症
との戦いは「勝負の3週間」がシャンシャンに終わらなかった結果を引きずるまま冬休みに入りました。年末年始、どんな数字
を見ることになるのでしょうか。

じつは先の辞書の記述を写しているとき、シャン・・・の前の一文にちょっぴり励まされました。手締めはお祝いのためにする
といいます。何とか感染を食い止め、シャンの拍子を10回連ねることのできる日を」。と当コラムは結ばれていました。

<手締め>は、私にとっても新しい発見でした。最終章のようにシャンの拍子を10回連ねることのできる日を待ち望みたいもの
です。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)

<牛角(ごかく)>

2020年12月25日

<牛角(ごかく)>
本日「編集手帳」を読んでいますと、来年の干支(えと)にちなんで<牛角>の記事が目に飛び込んできました。いつもの持ち前の好奇心が動き出しました。

「互角」は<牛角>と書いてもいいですね。多くの辞書が二つの表記を並列させています。ただし、歴史に先に登場したのは後者
のほうらしのです。

なぜ牛なのでしょうか。この動物の2本の角は長さ太さがほぼ同じで左右対称に見えます。そのさまが<互いに力量に優劣のないこと>(広辞苑)の意に転じたようです。補足すれば、角を突き合わせて対等の勝負をするから<牛角>なのではありません。さらに翻って、調和を示すものではないかと思えぬこともないですね。

来年の干支(えと)に、調和とはほど遠かった今年の国際社会を浮かべます。世界が一丸となって感染症と闘うべき時に、米国と
中国が角を突き合わせました。

トランプ大統領による世界保健機関(WHO)からの脱退表明は衝撃でした。かといって、ウイルスへの初期対応を誤った中国への遠慮がWHOに見えたのも事実ですね。権威の陰るその機関が年明け、感染の原因究明のため、改めて武漢に調査団を送り込む
というらしのです。

公正な調査を祈念しつつ、最近気がついた言葉の不思議を記しておきます。牛の角は英語で「cow horn」。中ほどに地球市民の健康を支えてほしい国際機関の名があります」。と当コラムは結ばれていました。

最終章の牛の角「cow horn」の真ん中に確かに「who」とありますね。可笑しくて笑ってしまいました。昨今の国際社会の分断と権威への陰り。調和とか共存の世界に一条の光が射してくることを祈ります。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)

<ジャパン・アズ・ナンバーワン>

2020年12月22日

<ジャパン・アズ・ナンバーワン>

本日、「天声人語」を読んでいますと、元ハーバード大学教授のエズラ・ボーゲルさんの記事が目に飛び込んできました。
私が9歳のときに来日し、私が30歳のときに刊行した<ジャパン・アズ・ナンバーワン>はベストセラーになりました。

1958年に来日した米国の社会学者が住んだのは「M町」の借家でした。住民の懐に飛び込み、冷蔵庫の選び方から子育て、
嫁姑(しゅうとめ)の問題まで1年かけて根堀り葉掘り調べました。後にM町は千葉県の市川市だったと明かしました。

若き日のエズラ・ボーゲルさんです。ハーバード大教授として79年に刊行した<ジャパン・アズ・ナンバーワン>はベスト
セラーになりました。経済発展を遂げた要因を解説し、日本人の自国観にも多大な影響を与えました。

組閣時に側近ばかりを厚遇せず、派閥均衡に努める首相。社員を社宅に住まわせ、社歌や運動会で忠誠心を育てる経営者。
列挙された日本の「強み」は、いま読むと「そんなことまで褒められていたのか」と気恥しいです。

「この本は日本では発売禁止にした方がいい」。元駐日大使のライシャワー氏の評です。日本が思い上がることを懸念した
らしいのです。ボーゲルさん自身は刊行の狙いをこう説明します。「停滞した米国にとって日本こそ最善の鏡。米国の人々
に目を覚ましてほしかった」

その後の日本は、バブル崩壊で失速し、「失われた20年」の間に低迷しました。世界1位どころか、経済力はいずれ8位に落
ちると予測されます。民主主義の度合いは24位、男女格差では121位との指標も。残念ながら、どれもいまの実相でしょ
うね。

知日派のボーゲルさんが亡くなりました。改めて著書を読みますと、日本の弱みや将来への懸念も随所に論じられています
。人口も経済も縮みゆくわが国に向けた警告の「鏡」でもありました」。と当コラムは結ばれていました。

私たちの若い時代は、高度経済成長の波に乗り、日本独自の経営方針が生かされた時期だったと思います。私たちの子ども
・団塊ジュニアはバブル崩壊で低迷し、さらにコロナ感染拡大で苦戦を強いられています。科学と教育についても、近視眼
的な視点ではなく、「国家百年の計」を視野にじっくりとお金をかけ、長期的な視野で人材を育成してもらいたいものです
ね。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)

<ミゾレフル>(霙みぞれ降る)

2020年12月19日

<ミゾレフル(霙降る)>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、徳富蘆花の「思出の記」の記事が目に飛び込んできました。何のことだろうかといつもながらの好奇心がそそのかされました。

徳富蘆花の「思出の記」は自伝的小説と銘打たれていますので、蘆花自身の体験だろうと思われます。主人公の青年が「ミゼラブル」(悲惨な)という英単語に接し、<ミゾレフル(霙降る)>冬の情景を思い浮かべる場面があります。

高速道路の管理者、プロの運転手さんにも予見できなかった冬の情景にちがいないですね。霙から雪に変わるやさしい降雪ではな
かったのです。新潟県の関越道で車が立ち往生し、3日にわたって多数が深い雪の中に取り残されました。

気象庁によれば、週末にかけてさらに寒気が強まり、日本海側を中心に再び大雪に見舞われるということです。

上皇さまが多雪地帯の事故に心を痛められていたのを思い出します。平成時代、誕生日(12月23日)にあたっての記者会見で、「高齢者の屋根の雪下ろしはいつも心配しています」と述べられたことがあります。雪害で95人が亡くなった冬を経てのことで、
ぽつりぽつりと発生する事故を積み重ねますと、これほどの数の被害になるのだと強調されました。

どうか慎重な行動を心がけていただきたいものです。感染症から身を守ることと合わせ、雪国の暮らしには命にかかわる厳しい
冬となりました」。と当コラムは結ばれていました。

日本海側を中心に降った大雪の影響でピーク時には2100台が立ち往生。自衛隊員ら700人態勢で除雪に当たったようですね。感染
症から身を守ることとともに雪国の暮らしには命にかかわる厳しい冬。ふっと、鴨野長明の「方丈記」の<無常観>が心に過ぎりました。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)

<綿密と・・・キャンペーン>

2020年12月17日

<綿密と緻密も避けたキャンペーン>

15日、「編集手帳」を読んでいますと、京都・清水寺で今年の漢字「蜜」が選ばれ、世界遺産清水寺での揮毫(きごう)にまつわる記事が目に飛び込んできました。さて、何だろうと持ち前の好奇心が初動してきました。

京都・清水寺で今年の漢字「蜜」が発表されました。本誌「時事川柳」(東京・大阪版)の入選作にこの字を探してみますと、やはり主役級の活躍をしていました。

春にまず次の作品がありました。<三蜜を避け離れ合い助け合い>。人と人が距離を保つことが助け合いになるなんてー一種のカルチャーショックでしょうね。桜が咲いた頃の戸惑いを思い出します。

気温が上がってくると<三蜜を避けて気づけばマスク焼け>。多くの女性がお困りでした。さらに夏の暑さが迫る時節には<一蜜
の家で熱中症になり>。作品の本意は独り暮らしの方への注意の呼びかけに違いないですね。

7月に開始された「Go To トラベル」には、その後を予見するような句が寄せられました。<綿密と緻密も避けたキャンペーン>。秋風が冷たくなる頃、感染者がにわかに増え始めました。政府が制度の設計時に停止の方法をよく考えていなかったことは
、昨今の医療界との意見対立が物語っています。

ついに菅首相がブレーキを踏みました。年末年始に全国一斉に停止するということです。冬の蜜にどう向き合うか、ようやく政府
から発せられたメッセージなんでしょうね。

後手後手の対応。全国一斉停止を発表した当日の夜。菅首相は自民党の幹事長ら8人で会食をしたらしいのです。国民へ少人数での
会食を呼びかけておきながら、です。国のトップに立つ人の言行一致のなさ。信頼回復に向けて自助努力をお願い申しあげます。

カウンセリング 神戸市   カウンセリング恵(めぐみ)

<北窓を塞ぎて・・・>

2020年12月12日

<北窓を塞ぎて今日の午睡かな>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、永井荷風の上記の句が目に飛び込んできました。何のことだろうかと持ち前の好奇心を
そそられました。

永井荷風につぎの句があります。<北窓を塞ぎて今日の午睡かな>。初めて見たとき、前半部分の意に首をひねりました。

手元の歳時記によりますと、<北窓塞ぐ>は冬の季語で、寒風に備えて北の窓に板を張ったり、すき間に目張りしたりすること
らしいのです。住宅の気密化の進む現代では死語に近いかもしれませんね。荷風先生の昼寝姿の浮かぶ半分のどかな句なのですが、いま読み返すと不穏な心持ちになります。

かのウイルスは気密性の高い空間を好みます。換気が大切なのに、多くの建物は窓を開閉しない限り外気を通すようにはできて
いません。

予報によれば、来週は真冬並みの寒気が列島に流れ込むらしいのです。寒さはただでさえ体にこたえます。高齢者施設などでは
室温の維持と換気の調整が難しいことでしょうね。職員の方々がこれまで以上に気を張らねばならないかと思うと、毎日の感染
者数がよけい耳につらく聞こえそうですね。

パソコンで原稿を書くと、変換の妙で思わぬ字を目にすることがあります。この稿で「かんき」と入力したとき、寒気でも換気
でもなく、「歓喜」と変換されました。困難な季節を乗り越え、そこに行ければと思いました」。と当コラムは結ばれていまし
た。

ここ最近は病院とか介護施設のクラスターが目立って増えていますね。困難なこの季節を乗り越え、「歓喜」に行ければ嬉しい
ですが・・・。コロナとの共存で現実の課題があぶり出され、時代がよき方向に流れることを祈ります。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)

<Go(ご)Te(て)>キャンペーン

2020年12月8日

<Go(ご)Te(て)>キャンペーン

本日、「編集手帳」を読んでいますと、<Go(ご)Te(て)>キャンペーンに思わず笑ってしまいました。

アルファベットの小文字「o」と「e」は親戚のようなところがあるらしいのです。欧州の言語に影響したラテン語に「oe」という
二つのくっついた字があり、フランス語にはいまだ使われています。

目下、政府の推進する「Go To」キャンペーンには見た通り、小文字のoが使われています。この夏に初めて目にしたとき、す
こし間違えば「Go(ご) Te(て)」キャンペーンにならないかと、穏やかではない連想をしたのを思い出します。

感染拡大の峠が見えません。北海道、大阪など各地で看護師不足が懸念を増しています。病床はあっても、医療体制を維持する人手が足りないらしいのです。

緊急事態宣言を出すなどして第1波を抑えたあと、政府は冬場に季節性インフルエンザとコロナが同時流行する恐れがあり、それまでに万全の準備をしておくと説明していました。今まで何をしていたのでしょうか。予測に反してインフルエンザの流行は来て
いません。それに助けられていながら、寒気がやってくるや、自治体や医療現場からたちまち悲鳴があがっています。

後手に回るなか、なぜでしょうか。なおも微妙な名を持つキャンペーンが動いています」。と当コラムは結ばれていました。

<Go(ご)Te(て)>キャンペーンには笑ってしまいました。言い得て妙ですね。もう少し真摯に医療現場の実態に耳を傾け、後手後手に回らないようよろしくお願い申し上げます。

カウンセリング 神戸市     カウンセリング恵(めぐみ)

<食通の奥義>

2020年12月6日

<食通の奥義>

本日、「編集手帳」を読んでいますと、作家の太宰治の<食通>が目に留まりました。太宰治は私にとって興味津々の作家です。
さて、何が始まるのだろうかと持ち前の好奇心が動き始めました。

日米開戦直後の1942年1月、作家の太宰治がとぼけた随筆を残しています。題は<食通>。普通は口の肥えた人のことですが
、<食通といふのは、大食ひの事をいふのだと聞いてゐる>と始まります。

この定義を仲間の檀一雄に教え、際限なくおでんを食べてみせました。<檀君は眼(め)を丸くして、君は余程(よほど)の食通
だねえ、と言って感服したものでした>。別の友達もうれしそうに<ことによると、僕も食通かも知れぬ>

お上品なマナーで、舌先に博識を載せる手合い倦(う)んでいたらしいのです。安くておいしいものを、たくさん食べます。これぞ<食通の奥義>とも述べるのですが、折しも食糧統制が強まっていた頃です。庶民は窮乏し、太宰流の<食通>など成り立たなくなります。

この暮れはコロナのせいで、やはり<食通>にはなりにくいですね。例年なら飲み過ぎ、食べ過ぎ用のドリンク剤のCMがさかんに流れる時期ですが、忘年会を見送った職場も少なくないでしょうね。

浮かれた師走のウの字がこぼれ、「枯れた」師走ではあります。忘年会がなければ2次会のカラオケもありません。耐える冬の先
は、ウが戻り、「歌える」春が到来しますように」。と当コラムは結ばれていました。

残念ながら今「枯れた」師走になりますね。私は教員の頃を振り返ると「親睦会」の係をよくさせられていました。結構、はしゃぎまわるのが好きだったからでしょうか・・・。飲み会・カラオケでは、新たな人間関係に出会える楽しみもありますからね。
太宰治と檀一雄はお仲間だったのですね。この話を読んでいて、檀ふみさんを連想しました。全く場違いな話ですが、修学旅行中のとあるエピソードを思い出しました。生徒たちと柳川下りを楽しんでいたところ、その船頭さんが突然、私に向かって「先生!檀ふみさんにそっくりですね」と声掛けされました。びっくりするとともに嬉しい悲鳴を上げました。「枯れた師走」の先は、どうか楽しい春が到来しますように。

カウンセリング 神戸市      カウンセリング恵(めぐみ)